スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪が止んでも

 食べ物の話がひと段落(本当はまだまだUPしていない話題あり)した後、雪の話題が続いていますが、今日も雪の話です。日本式に言うところの新年3日(韓国は旧暦で新年を祝います)の夜降り始めた雪はかなり前に止んでいますが、それから何と一度も気温が0℃を上回らず、したがって解けずに残っています。 
 東京で冬に時々降る雪は湿気をたっぷり含んで重く、地面に触れた先から解けて行き、積もるのはごくまれなこと。たとえ積もっても翌日にはべちゃべちゃになってしまいます。
 それに対し、ソウルの雪はサラサラのパウダースノー。気温が低く一度解けて再凍結ということもないので、何日か経っても粉砂糖か小麦粉のようです。

雪だるま

 幼稚園の頃から雪だるまを作りたい、と言っていた我が家の子供、札幌の雪まつりに行ったこともありましたが、あまりの寒さに断念、その後インドへと転居した為、雪とは全く無縁の生活に。今年数年越しの願いがやっと叶いました。日曜の午後、マンションの敷地内の遊歩道でいざ、雪だるま作り。
 
雪だるま2

 ところがあまりにサラサラなので、雪玉を転がしても大きくならず、なるべく湿り気のありそうな雪を探しては手で叩きつけ、叩きつけして大きくして行きました。毛糸の手袋でも水分がしみ混んで来ない位湿気の少ない雪でした。
 とはいっても、この時の気温は-7~8℃。翌日から学校だし、と適当なところでおしまいに。

雪だるま3

 家のリビングから見下ろせる位置に作ってあります。かなり下なので、オペラグラスで覗かないとよく見えないのですが・・・。
 ふと見ると、頭が重すぎたのか、雪だるまが転げているではありませんか。
すぐに起こしに行く、とダウンを着始める子供。そのまま覗いていると、親切にも通りがかった親子連れのお父さんが助け起こしてくれました。そして、ひとしきり遊んで木の枝や葉っぱなど付け足して去って行きました。
 その後も通りかかる人たちに構ってもらっている様子です。韓国は結構お茶目な人が多いのかしら。こちらもついくすりと笑ってしまいます。
 その後は再度転げた所をまた助け起こしてもらっていたり、少年に雪玉の標的にされてたり(あらら・・・)。

 今朝のソウルはこの冬の最低気温を更新、-14.6℃でした。 日中も気温はあまり上がらず、風まであったので、お昼のニュースでは体感温度は-21~2℃と!
 放課後残っていた子供から迎えに来てと連絡があり、バスで学校に向いましたが、バスを待つ5~6分の寒かったこと!手袋をしていても指先が凍りつきそうでした。
 ヨーロッパや中国でも寒波で大変なようですね。北インドでは死者まで出たとか・・・。地球温暖化って一体何の話?と思いたくなる寒さですが、オーストラリアでは猛暑なんだそうですね。両方の極端な所を交換出来ればいいのだけど、科学が進歩しても人間の力には限界があるのでしょうか。 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寒そうですね~

ソウルってそんなに寒いんですね!!
ずっと氷点下の日々が続いているなんて驚きです。

今年のインドは寒いですよ。暖房の電気消費で冬なのに停電が多くて、こんなの珍しいですよね。

雪ダルマ、可愛いですね。通行人にかまってもらっている様子も微笑ましいです。
風邪などひかれませんよう、ご自愛くださいね。

コメントありがとうございます。

v-22aranyos さま

今年はインドも寒いようですね。
停電が多いのは痛いですね・・・。
デリーの家の中の冷えの記憶が甦ってきます。
お風邪など召しませんように。

こちらは外は寒いんですが、その分家は冬仕様で暖房がバッチリなので(ききすぎかも・・・)あまり外に出なくなってしまいました・・・。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。