スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画 의형제 (ウィヒョンジェ=義兄弟)

義兄弟

今月4日に封切られ、現在興行成績第一位の映画「의형제(ウィヒョンジェ=義兄弟)」 監督 장훈(チャンフン)、 出演 송강호(ソンガンホ)、강동원(カンドンウォン)を観て来ました。
 モデル出身の俳優カンドンウォンが演じるのは北朝鮮の工作員ジウォン、演技派俳優ソンガンホは韓国の国家情報院の要員ハンギュを演じています。立場の違う二人がそれぞれの所属団体から見放され、あるきっかけから行動を共にしつつ絆を深めていくアクションあり笑いありのストーリーです。
 銃撃シーンやカーチェイスのシーンはかなり過激に感じられましたが、ソンガンホの卓越した演技と随所にちりばめられたユーモアは前評判通りで楽しめました。これから義務付けられている兵役が控えたカンドンウォンは外見のみならず身体を張ったアクションと演技で存在感があります。
 願わくば韓国語が完璧に理解できたら・・・。実は重要な台詞がちゃんと結びついていない所があり、後で一緒に観た知人に聞いて「あ~そうだったのか!」と。まだまだです・・・。

 ネタバレしてしまいそうなので、映画の内容についてはここまでで。


 以前の韓国の映画館はいわゆる日本の古い(昭和の)映画館と同じような感じでした。なぜかスルメを食べながら映画を観るのがポピュラーだったようで、韓国で映画というとスルメの匂いが甦って来ます。
 時は流れ最近の韓国の映画館は勿論そのようなことはなく、日本のシネコンと変わりありません。ただ、上映作と次回作のチラシはありますが、プログラムや関連グッズはありません。シンプルで良いような、ちょっと物足りないような。
 韓国はネット社会化が進んでいて、勿論空席情報やチケット予約はネットで簡単にできます。
 今回はCGVの比較的新しいシネコンで観ました。チケットは ₩8000/人(約640円)です。
こちらではアバターが上映中、Hachiが今日封切りでした。
 ヒットし始めた 「하모니(ハーモニー)」も観てみたいです。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね

韓国でも現地の映画をお楽しみになって、現地生活を満喫されておられるようで素敵ですね。
それにしても、韓国語の台詞がほとんどお分かりだとは!!凄い!
私もヒンディ語で台詞が全部分かればなぁ…、と切に思います。
最近こちらで封切された、シャールク&カジョールの”MY NAME IS KAHN”も良かったですよ。もしそちらでも観ることが出来るなら是非!
インドが恋しくなってしまうかも?!

コメントありがとうございます。

v-22aranyos さま

aranyosさんこそ、お忙しい中でインド生活を楽しまれているご様子、いつも尊敬しています。

ヒンディー語は本当に挨拶、と値切り程度しか覚えなかったので、映画やテレビは全然わかりませんでした・・・。
韓国は普段の生活言語も韓国語なので、必要度が高く、前回の駐在の時は「若さ(笑)」もあり、1年半毎日学校に通って詰め込んだのですが、それでもまだまだなんですよ(涙)。今更語彙力ってなかなかつかないのが悩みです。

インドの映画は来るようだったら見てみたいです。その場合は音声ヒンディー語、韓国語字幕になるのかな・・・。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。